介護付有料老人ホーム2つの類型表示

バナー

介護付有料老人ホーム2つの類型表示

介護付有料老人ホームと言われるのは、都道府県から老人福祉法の定める運営基準を満たした介護保険「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた類型の施設です。

それ以外の場合には、「介護付」の表示ができません。一つは、「一般型特定施設入居者生活介護」と表示される介護付有料老人ホームですが「介護専用型」とも呼ばれます。

介護付き有料老人ホーム情報をまとめてチェックしよう。

入居条件は、原則65歳以上ですが施設によっては60歳以上の場合もあります。

介護認定を受けている人や要支援や要介護1から対象とした介護専用施設ですが、将来に備えて自立していても入居できる混合型施設もあります。



介護サービスは、ホーム内のスタッフが行い24時間常駐、食事・排泄・入浴など生活面や入居者の健康管理のサポートなど対応しています。
もうひとつの介護付有料老人ホームと言われる類型は「外部サービス利用型特定施設入居者生活介護」と表示される施設です。

特定施設入居者生活介護の指定ホーム内のスタッフが介護計画や生活相談、安否確認を行い全体サポートはしますが、介護サービスは外部の介護サービス事業所へ委託し、ケアマネージャー配置など管理された施設です。
どちらも類型は介護付有料老人ホームであり、介護レベルにより介護保険料の1割自己負担額は定額となりますが、上乗せサービス・施設サービスの内容や入居基準が施設で異なることや入居時の費用や居室区分、要介護レベルで内容はさまざまになります。

必要経費や施設サービス、医療、介護内容が自分に向いているか、または家族が決める場合も比較検討は大いに重要と言えます。

朝日新聞デジタル情報選びはインターネットで行う時代です。